flask 松本直子+佐藤隆一 flask 松本直子+佐藤隆一

佐藤隆一、松本直子によるユニット。ともに1998年桑沢デザイン研究所卒。
2000年、AIR CONDITIONED主催のデザインイベント「HAPPENING」に「36。C」を出展し、最優秀賞である「FRAME AWARD」を受賞、国内外で注目を集めた。以後、「人々の感情やアクションに注目したデザイン」をコンセプトに活動。デザインの源は、「日常のなかの感情や物語」。「体温で色が変わる家 具」や「水を注ぐと青く変化するグラス」など、一つひとつのプロダクトに、強いインパクトをもつイベントが仕掛けられている。
また、アイデアを単なる思いつきで終わらせることなく、実現に向けて技術を探り、工場を訪ね、形にするところまでもっていく情熱と粘り強さも今回のプロジェクトとは好相性。テクノロジーとデザインの融合は彼らが最も得意とする分野であり、最新のスプリング加工技術との組み合わせは理想的だ。

開発風景を見る

■ flask_d@hotmail.com (佐藤隆一)
■ naama@green.ocn.ne.jp (松本直子)

line 山内スプリング 山内スプリング

昭和22年に創業し、スプリング製作に関わって半世紀。従業員10名と小規模ながら、最新鋭の設備と熟練の技術を持ち、各種スプリング、線材加工、及び薄板板金加工(プレス・レーザー)の多種小中量生産を得意とする企業。
「儲けのみにこだわらず、地域産業の推進を実践したい」(社長・山内基史氏)というように、同社の製品は福井の主産業とともに発展した。軸となっているバネ製品は織機のテンション装置に供給され、15年ほど前からは、より精密さが要求されるメガネ部品の製作も請け負っている。4年前には、スプリング製品の短期間納入の需要を受けて、最新のワイヤーフォーミングマシンを導入。従来は金型を必要としたスプリング製品の複雑な三次元曲げ加工を短時間で実現可能にした。現在、この装置の機能を使いこなす企業はあまり多くはないという。
彫塑的で美しい形を生み出すことができる加工技術に“デザイン”を融合させ、さらなる差別化を狙う。

製作風景を見る

■ http://www.yamauchi-spring.com/

デザイナー&マイスターカンパニー
flask+山内スプリング
Goma+荒川レース工業
廣田尚子+高村刃物製作所
wool,cube,wool!+ネオテックス
五十嵐久枝+福地
伊藤まさこ+丸和
大友学+中山商事
& design+フクビ化学工業
酒井俊彦+タニコーテック
 Otobe.design+苗加製作所
福井工業大学デザイン学科
越前漆器
yuruliku+能作