五十嵐久枝 代表:五十嵐久枝

桑沢デザイン研究所卒業後、1986年から1991年まで故・倉俣史朗氏のクラマタデザイン事務所に勤務し、1993年にイガラシデザインスタジオを設立。
空間デザインの分野では「TSUMORI CHISATO」ブティックの各店舗、飲食店から集合住宅、個人宅に至るまで幅広く活躍中だ。家具デザインの実績も豊富で、国内の木材産地において、その土地の「木」の特性を活かした家具製作プロジェクトを数多く手掛けている。
特徴は、心地のよい空間を自然に演出する、軽やかで押しつけの無いデザインだ。そして「abode」など若い世代に人気のショップで販売される家具から、飛騨産業での「バケット」シリーズのような落ち着いた雰囲気の家具まで、あらゆる世代に対応。生活者の視点に立ったアプローチと、プロジェクトの本質を的確につかむ柔軟性にも定評がある。
素材や生産技術、収納に関するコンセプトという諸条件を統合し、いともさりげなくデザインに落とし込んでしまうはずだ。

開発風景を見る

■ http://www.igarashidesign.jp

line 福地 福地

福井市中心部から約5km離れた丘陵地の工業団地に立つ家具製作会社。
創業は明治42年と古く、現在の工場は3代目。同社は元々、総桐のたんすを専門に制作していた。しかし時代の流れにより桐たんすの需要は下降、そこで現社長の福地永芳氏の就任と前後して十数年前より開始したのが、幼児用家具の生産だ。桐を家具の芯材として活用し、頑丈で安全、そして子供でも運べる軽い家具を誕生させ、主力商品へと成長させた。高級材である桐を芯材に使うのはかなり珍しいが、これが可能なのは中国からの桐の製材〜輸入に至る独自ルートをもつためだ。成長が早く安価な中国産の桐は、木目が粗いため表面材には不向きだが、芯材としては十分な性能を発揮する。
また同社の家具は、多くの部材がリサイクル可能。木材のみを使用した家具制作にこだわり、接着剤や塗料にも有害物質を含まない。また“多品種・短納期・高品質”がモットーで、デザイン家具にも充分対応できる柔軟な生産体制が整っている。

製作風景を見る

■ http://www.fukuchi.biz/

デザイナー&マイスターカンパニー
flask+山内スプリング
Goma+荒川レース工業
廣田尚子+高村刃物製作所
wool,cube,wool!+ネオテックス
五十嵐久枝+福地
伊藤まさこ+丸和
大友学+中山商事
& design+フクビ化学工業
酒井俊彦+タニコーテック
 Otobe.design+苗加製作所
福井工業大学デザイン学科
越前漆器
yuruliku+能作