伊藤まさこ 伊藤まさこ

雑貨&料理スタイリスト。1970年横浜生まれ。文化服装学院デザイン専攻科を卒業後、“おいしいもの好き”を生かし、料理スタイリングの道に進む。
『LEE』『Kunel』などの女性誌や料理本などのスタイリングを中心に活躍。主な著書に『わたしの布のほん』(集英社)、『伊藤まさこのポッケのなかから』(講談社)、『こはるのふく』(文化出版局)、『まいにちつかう もの』(主婦と生活社)、料理家渡邊有子さんとの共著『おいしくてかわいい』(主婦と生活社)など。料理はもちろん、お菓子づくりや裁縫などの手づくりを楽しみ、手間を惜しまない丁寧な暮らしぶりで憧れと共感を呼ぶ。
おいしいキッチンでは、キッチンの中ではあまり使われていない和紙を使ったプロダクトをデザイン。アイデア次第でさまざまな使い方ができるやさしい風合いの小物を提案している。

line 丸和 丸和

よりよい暮らしの創造・健康で美しいインテリア創りを目指し、さまざまなインテリア材料を提案・販売するインテリア総合商社を営む。
自然素材や健康・環境といったインテリアに対し多様化する消費者ニーズの中、古くから日本建築に使われてきた和紙に着目。防水・防汚性機能を備えた和紙壁紙の自社ブランド開発に成功。和紙の風合いを残しながら機能性を備えた技術は業界初である。現在、全国の住宅や施設、店舗などに使用されている。その後も照明器具や染和紙など積極的に商品開発を行う。日本全国数ある和紙産地の中でも、越前和紙は和紙の発祥の地とも言われ、1500年の歴史を持つ。
越前和紙の魅力、可能性を広めようと今回のプロジェクトに参加した。

デザイナー&マイスターカンパニー
flask+山内スプリング
Goma+荒川レース工業
廣田尚子+高村刃物製作所
wool,cube,wool!+ネオテックス
五十嵐久枝+福地
伊藤まさこ+丸和
大友学+中山商事
& design+フクビ化学工業
酒井俊彦+タニコーテック
 Otobe.design+苗加製作所
福井工業大学デザイン学科
越前漆器
yuruliku+能作