越前漆器 越前漆器

越前漆器すなわち河和田塗りは、継体天皇が皇子の頃、河和田の里人が冠に漆を塗って差し上げたのが始まりと伝えられる。越前漆器株式会社は昭和35年に設立。丸物、角物を中心に越前漆器の製造、卸、販売を行ってきた。長く日本人の暮らしの中で器や家具、生活雑貨として息づいてきた漆器製品も、ライフスタイルの変化や、プラスチックや石油系塗料などの新しい素材の台頭で厳しい状況にある。伝統工芸越前漆器と産地を取り巻く逆境と閉塞感を打破するために、若い職人がおいしキッチンに参加。匠の技術や行程を丁寧に検証し、そこから得たアイデアを活かしたキッチン雑貨の開発に挑戦。歴史と伝統に深い敬意を払いながら、自らの足と目で得た情報や経験を活かし、あえて漆を捨てることから始めることで新たな製品分野を開拓し産地の活性化に挑もうとしている。

デザイナー&マイスターカンパニー
flask+山内スプリング
Goma+荒川レース工業
廣田尚子+高村刃物製作所
wool,cube,wool!+ネオテックス
五十嵐久枝+福地
伊藤まさこ+丸和
大友学+中山商事
& design+フクビ化学工業
酒井俊彦+タニコーテック
 Otobe.design+苗加製作所
福井工業大学デザイン学科
越前漆器
yuruliku+能作