yuruliku yuruliku

yuruliku(ユルリク)は、池上幸志とオオネダキヌエによるデザインユニット。多くの人に伝わるデザインを目指し、人とモノとの関わりの中にある、目には見えない「気持ち」の部分に寄り添えるモノを、長く、丁寧に、作り続けたいと考えている。不思議な柔らか金属・純錫(錫100%)を使ったスプラウト(植物の新芽)の栽培用プランターのデザイン。yurulikuらしく表現することにチャレンジしている。

line 能作 能作

富山県高岡市は慶長14年(1609)、加賀藩主の前田利長が “高岡”の町を開いたことを機に、“商工業の町”としての発展を遂げた。株式会社能作は大正5年(1916)、この高岡の地に400年伝わる鋳造技術を用いて仏具製造を開始。鋳造とは鋳型(いがた)に溶けた金属を流し込んで製品を作る方法で、できた金属製品は鋳物(いもの)と呼ばれる。能作の製品は、すべて独自の高度な技術により製作されている。用途や製品に応じた鋳造方法、金属材料(錫、真鍮、青銅、アルミ等)を用い、味わいのある製品を生み出している。創業当時は仏具、茶道具、花器を中心に、近年はテーブルウェアやインテリア商品、建築金物などを通じて伝統工芸品である高岡銅器の魅力を発信し続けている。今回、おいしいキッチンとのコラボで、驚きの柔らか金属、純錫(錫100%)の抗菌性に着目しキッチン雑貨の開発に挑む。

デザイナー&マイスターカンパニー
flask+山内スプリング
Goma+荒川レース工業
廣田尚子+高村刃物製作所
wool,cube,wool!+ネオテックス
五十嵐久枝+福地
伊藤まさこ+丸和
大友学+中山商事
& design+フクビ化学工業
酒井俊彦+タニコーテック
 Otobe.design+苗加製作所
福井工業大学デザイン学科
越前漆器
yuruliku+能作